「やまがた元気な風展Ⅲ~モノヅクリビトの祭典2011in真室川~」

「やまがた元気な風展Ⅲ~モノヅクリビトの祭典2011in真室川~」とは?
地域の素材を活用したモノヅクリや人々の交流を地域の元気づくりにつなげようと開催するイベントです。

○内容と沿革○
県内各地でその土地ならではのモノヅクリに取り組む個人や団体が一堂に集合し、作品が展示されるほか、特別販売も行われます。
主催は、「やまがた元気な風の会」といって、上山、温海、真室川が中心メンバーです。
この3地域の共通点は、まちづくりでも有名な大分県湯布院の観光協会理事でもあり、全国的にも有名な木工デザイナーでもある時松辰夫氏や民俗研究家の結城登美雄氏の多岐にわたる指導(モノヅクリやまちづくり等についての考え方、実技)を受けた経験を持つという点です。
風展は、おととしの上山開催を皮切りに昨年は温海で行われ、3回目の今回は真室川が会場地となっております。
モノヅクリを通じて山形に新風を吹き込むようなイベントを目指して開催いたします。

○イベント内容○
期間中、作家自らが県内各地からやってきて自身の作品を展示紹介するほか、限定販売も行われます。
その他のイベントとしては、
木の笛コカリナのミニコンサートをはじめ、山ぶどう皮ストラップや、ドングリと和布の小物、漆塗り携帯ストラップ等の手作り体験、郷土料理「もんぎりみず汁」の振る舞い、笹巻き作り体験、オープンカフェの営業なども行われます。
見るだけでも楽しく、体験してもっと楽しいイベントです。入場は無料です。

○出展内容○
木工芸品(果樹の器「くだものうつわ」、食器、箸、花器、花台、折敷、家具、アクセサリー類)、漆器(食器、箸)、山ぶどう皮細工(手提げかご、ストラップ)、あけび蔓細工(手提げかご、ざる、菓子器、鍋敷)、わら細工(縄の器「真室巻き」、えんつこ)、金属加工品(鍋、食器、花器)、陶器(人形、植木鉢、食器)、布製品(和洋人形、手毬、ストラップ、レース)、籐細工、ミニチュア家屋(民家、屋台、ドールハウス)、ミニ炭俵、飾り蓑、飾り炭、木製の笛「コカリナ」、草木染め、しな織 ほか

○開催期間等○
期日:7/1(金)~7/3(日)
時間:午前9時~午後5時(最終日のみ午後3時まで)
会場:真室川駅併設「森の停車場」ギャラリー(入場無料)
問合先:真室川うつわの会 佐藤 ℡0233-65-2443

詳細はPDFファイルをどうぞ →  モノヅクリビトの祭典


イベント詳細

期日7/1(金)~7/3(日)
時間午前9時~午後5時
(最終日のみ午後3時まで)
場所真室川駅併設「森の停車場」ギャラリー(入場無料)
問い合わせ先真室川うつわの会
佐藤 ℡0233-65-2443

交通・アクセス

※この地図は住所から自動生成されています。必ずしも正確とは限りません。

キーワード検索

この事業は終了いたしました

詳細は「事業終了のお知らせ&ご挨拶」をご覧ください。

お問い合わせ先

最上地域雇用創造推進協議会
TEL. 0233-23-6212
事務局(新庄市商工観光課観光交流室)
TEL.0233-22-2111(内線253)

MMステーションについて

MMステーション

〒996-0027
山形県新庄市本町3-51
TEL:0233-23-2387
FAX:0233-23-2414

詳しくはこちら

TODAY:120  TOTAL:329899