鮭川歌舞伎

日時6月12日担当観光:佐藤
場所鮭川村中央公民館

県指定無形文化財の第25回鮭川歌舞伎定期公演に行ってきました。

今回は保存会設立40周年とあって鮭川地域資源戦略会議が企画し、
羽根沢温泉旅館組合が製造した特製「錦絵弁当」(限定100食)
が発売されました。(ペットボトルのお茶付き税込千円)









そこで今回私は、要予約の弁当を前以って注文し、この弁当に焦点を当ててみました。
非常に凝ったメニューであり、利益よりムードの盛り上げに貢献した弁当であると思いました。
勿論美味しかったですよ!
特製弁当の中身は次の通りです。

1.飯物:三色ご飯(定式幕を表現)
2.和物:白合え(仮名手本忠臣蔵十一段「泉水の場」討ち入りの場面の雪を表現)
3.焼物:うどの肉巻き(仮名手本忠臣蔵十一段「泉水の場」討ち入りの場面で鳴らす陣太鼓を表現)
4.炒物:ぜんまい炒り 舞茸添え(仮名手本忠臣蔵大序「兜攻めの場」の舞台、鶴岡八幡宮の大銀杏を表現)
5.煮物:山海炊き合わせ(五種類は、白浪五人男を表現し、椎茸は、稲瀬川勢揃いの場」で五人の持つ傘を表現)
6.厚焼卵:(仮名手本忠臣蔵三段目「殿中松の間刃傷の場」に登場する鷺坂伴内の扇子を表現)




さて、美味しく頂いた後の会場準備の様子








関係者のご挨拶の後、幕が開き第一幕
 仮名手本忠臣蔵 三段目「殿中松の間 刃傷の場・道行旅路の花婿」の上演です。   


   










役者さんは勿論鮭川村の住民さんで、伝統を受け継いでいます。
いや、立派な舞台でしたよ。 

≪番外編≫
開演前の楽屋裏にて
写真撮ってもいいですか?→ OK はい、ポーズ! )


















キーワード検索

この事業は終了いたしました

詳細は「事業終了のお知らせ&ご挨拶」をご覧ください。

お問い合わせ先

最上地域雇用創造推進協議会
TEL. 0233-23-6212
事務局(新庄市商工観光課観光交流室)
TEL.0233-22-2111(内線253)

MMステーションについて

MMステーション

〒996-0027
山形県新庄市本町3-51
TEL:0233-23-2387
FAX:0233-23-2414

詳しくはこちら

TODAY:48  TOTAL:355061