パワースポット 地蔵倉

日時5月24日担当佐藤、八鍬
場所大蔵村肘折

5月24日

肘折温泉方面へ出張しました。
温泉街の情報収集をひと通り終えた後、周辺の観光情報収集のため写真撮影を行いました。
まず展望台に上り、温泉を眼下にしてみました。














その後、展望台を降りて温泉街の東側に小松渕という所を訪ねてみました。
実にきれいな渓谷です。




次は地蔵倉というスポットに挑戦しました。

素晴らしい!の一言に尽きる絶景のポイントでした。
昇り口から15~20分で到着します。
ここは約1万年前に肘折カルデラの爆発で形成された、奇岩が連なる温泉開湯伝説の聖地だそうです。
≪歴史・伝説≫
肘折温泉は西暦807年、豊後の国の源翁により発見されたとの事ですが、道に迷った翁が崖から転落して肘を折った時、岩間から湧き出る温泉を発見して、その湯に浸かったところ、たちまちにして治癒したとの事だそうです。その後山中の洞窟にて老僧と出会うが、まさにこの僧こそが地蔵権現であり、この湯の効能を皆に広めるように言われたとの事です。
源翁は洞窟を「地蔵倉」、温泉を「肘折温泉」と名付け、大切に守ったということです。











高所恐怖症の人はちょっと怖いかも?ですが、我がスタッフS氏も高所恐怖症であり、その彼が大丈夫だったのでノープロブレムです。
女性がスニーカー程度で気軽に訪れることのできる場所であり、パワースポットとして、観光商品化を目指したい場所ですね。


スタッフS氏もしばし下界の喧騒を忘れ・・・ ご覧の通りです。
この後事務所に帰ってチェックしたら、パワー充電度数120%でしたよ (^○^)

この地蔵倉の写真はフォトギャラリーにも入れてますのでご覧下さい。
→ こちらから


キーワード検索

この事業は終了いたしました

詳細は「事業終了のお知らせ&ご挨拶」をご覧ください。

お問い合わせ先

最上地域雇用創造推進協議会
TEL. 0233-23-6212
事務局(新庄市商工観光課観光交流室)
TEL.0233-22-2111(内線253)

MMステーションについて

MMステーション

〒996-0027
山形県新庄市本町3-51
TEL:0233-23-2387
FAX:0233-23-2414

詳しくはこちら

TODAY:84  TOTAL:314007