封人の家

封人の家(最上町)


封人(ほうじん)の家とは・・・
俳人松尾芭蕉が一路山形入りした最初の宿泊先である。





最上町堺田にあるこの建物は、文化庁によると江戸時代初期には既に建てられていたと推定され、
芭蕉が奥の細道を旅した時代、村の庄屋と国境を守る役人を兼務していた旧有路家の住宅である。

境を守る人を「封人」といったことから、芭蕉は元禄2年(1689)5月15日(新暦7月1日)から3日間止宿
した有路家を「封人の家」と呼び『奥の細道』に次のように記している。
「大山をのぼつて日既に暮れければ、封人の家を見かけて宿りを求む。
三日風雨荒れて、よしなき山中に逗留す。」
 このように芭蕉はあいにくの天候により、この家で2泊3日の滞在を余儀なくされたわけだが、
次のような句を残している。

“蚤虱(のみシラミ) 馬の尿(ばり)する 枕もと”



(入口を入ってすぐの右側)                  (左側はいろりを備えた居間)

山形県で随一の馬産地だった最上町は以前「小国」という地名で、
小国産の牡馬は「小国駒」と呼ばれ江戸や越前地方へも移出された。
堺田村も新庄藩の保護・奨励のもと馬産地として発展し、有路家も
常時数頭の母子馬を飼っていたと言われている。
このように人馬が一つ屋根の下で寝食を共にする生活環境は、
この道中でさらに馬との因縁を深めた芭蕉にとってたいへん興味深いものであったのかもしれない。



 
封人の家は昭和44年(1969年)に重要文化財に指定され、
昭和46年(1971年)6月から2年9カ月をかけて解体・復元工事が行われた。


キーワード検索

この事業は終了いたしました

詳細は「事業終了のお知らせ&ご挨拶」をご覧ください。

お問い合わせ先

最上地域雇用創造推進協議会
TEL. 0233-23-6212
事務局(新庄市商工観光課観光交流室)
TEL.0233-22-2111(内線253)

MMステーションについて

MMステーション

〒996-0027
山形県新庄市本町3-51
TEL:0233-23-2387
FAX:0233-23-2414

詳しくはこちら

TODAY:120  TOTAL:329899