やたら漬

やたら漬

やたら漬の名の由来は、一説によるとやたらにいろいろなものを入れることからこの名がついたと

されています。

材料(つくりやすい分量)
   大根        1本      しその実(塩蔵)     50g 
   人参       1/2本     唐辛子(塩蔵)      適量
   きゅうり(塩蔵)  2本      塩             適量
   なす(塩蔵)    2個      呼び水          適量
   青菜(塩蔵)   100g
画像は「あがらしゃれ真室川」より

作り方
     1、大根と人参の皮をむき、食べやすい大きさに切り、漬け容器に入れる。
     2、きゅうり、なす、青菜を洗って、食べやすく切り、1に加える。
     3、しその実と刻んだ唐辛子はそのまま塩代わりに1に加える。
     4、塩蔵野菜から出る塩分を考えて、塩を適量加え、全体を混ぜ合わせ、呼び水を入れて
       大根の皮でふたをし、押し蓋をして重石をする。
     5、2~3日で食べられる。
         


キーワード検索

この事業は終了いたしました

詳細は「事業終了のお知らせ&ご挨拶」をご覧ください。

お問い合わせ先

最上地域雇用創造推進協議会
TEL. 0233-23-6212
事務局(新庄市商工観光課観光交流室)
TEL.0233-22-2111(内線253)

MMステーションについて

MMステーション

〒996-0027
山形県新庄市本町3-51
TEL:0233-23-2387
FAX:0233-23-2414

詳しくはこちら

TODAY:77  TOTAL:309962