くじらもち

くじらもち~春の郷土料理~

 桃の節句に供えられる伝統的なお菓子。

名前の由来は、江戸時代に作られていたものが、上面が黒色で下が白色で「くじら肉」に似ていた、また、とに
かく大きいので、大きい「鯨」の名をもらった等の他、久しく持つ良い食べ物という意味で「久持良餅」の漢字が
当てはめられた。というものなど諸説あります。
 味は、白砂糖、黒砂糖、醤油、味噌など。また、くるみの他にゴマ、しその葉を加えても良い。

材料(醬油味・6本分)
   もち米粉        3升
   砂糖           2㎏弱
   水            900cc 
   醤油           150cc
   くるみ           適量  

画像は「あがらしゃれ 真室川」より

作り方
    1、砂糖と水と醤油をよく混ぜ、製粉したてのもち米粉を練り混ぜる。
      (製粉してしばらく経った粉を使用する時は、水の分量を少し増やすと良い)
    2、型に固く絞った布巾を敷き、くるみを散らして、1を流し入れる。
    3、強火で1時間半~2時間ほど蒸す。
     

    ※レシピは短時間でも作ることができる最近の作り方です。
    ※固くなったものは、焼いて食べるとおいしく頂けます。

                                       


キーワード検索

この事業は終了いたしました

詳細は「事業終了のお知らせ&ご挨拶」をご覧ください。

お問い合わせ先

最上地域雇用創造推進協議会
TEL. 0233-23-6212
事務局(新庄市商工観光課観光交流室)
TEL.0233-22-2111(内線253)

MMステーションについて

MMステーション

〒996-0027
山形県新庄市本町3-51
TEL:0233-23-2387
FAX:0233-23-2414

詳しくはこちら

TODAY:30  TOTAL:309990